Diary菅田貴子のオフィシャルサイト

News&Blog j[XuO

Category Archives: Diary

ueda224

随分と月日が流れてしまいましたが、
昨年の5月、新緑のとても綺麗な季節に行われた
HiroakiさんとYukoさんのウェディングパーティー。

お二人との結婚式の準備は、
すでにご結婚式まで3ヶ月を過ぎた頃、
とてもとても丁寧なお電話から始まりました。

普段、約1年ほどかけてプロデュースをさせて
いただくことが多い中、お二人にとっても、
また私にとってもお二人の一生に一度の結婚式に
かけられる時間は限られていました。

それでも私と一緒に結婚式をしたいと、
その日を迎えたいと何度も言葉にして
伝えてくださったYukoさん。

いつもどのお客様のご結婚式でも
同じ想いではありますが、
お二人のご結婚式のプロデュースを
お受けするにあたっては、
とにかくその短い期間でも
お二人が思い描いているご結婚式を
100%叶えてもらいたい!と、
強く強く想い、スタートしたことを記憶しています。

それもお二人のお住まいは、和歌山県。
ご結婚式をあげる会場は、兵庫県。
いつもお打合せは、お二人が仕事を終えてから、
夜遅くに大阪で行いました。

初めてお会いした時、
本当になんて笑顔が素敵なお二人なんだろう。
と、今でもその表情までも鮮明に思い出せるくらいです。

ご結婚式当日も、
その笑顔が本当に素敵に輝いていました。
人は笑顔で、人を幸せにすると、
ひしひしと感じました。

ご新郎は建築士、ご新婦は高校の先生で
いらっしゃいました。
そんなお二人が常におっしゃられたことは、
「結婚式を通じて、プロの方から学びたい。」と。

そして、各分野、それぞれのお打合せを
とても楽しそうに、そしてとても興味津々に、
結婚式の準備というよりは、お互いの情報を
たくさんのお話を交えながら時間を進めて、
いつもあっという間に終電の時間に
なっていた様に思います。

迎えた当日は、そんな新緑がとても綺麗な、
快晴の1日でした。

ueda121

ueda093

ueda139

ueda098

ueda036

ueda061

8UE_0375

ueda193

ueda160

ueda187

ueda212

ueda224

ueda405

 


ueda376

ueda285

ueda427

ueda430

ueda443

花嫁が思いっきり笑顔で、笑えること。
それが何より最高の結婚式だと、
心からそう思います。

私は、お二人の結婚式の写真を見返す度に、
本当にとても幸せな気持ちになります。
お二人の大切な結婚式のお手伝いをさせていただき、
気づかせてもらえたことは数え切れません。

あれから随分と日が過ぎて、
いただいたお年賀には、
第一子がお生まれになったと書かれていました。

この時にはすでにYukoさんのお腹には、
小さな命がいて、お二人と一緒に、
楽しい時間を過ごしていたはずです。

こんなにも可愛いお母さんと、
とても優しくて、そして無邪気なお父さんの
元に生まれてこられたお子さんは、
本当に幸せだな〜と思います。

 

ご結婚式からもうすぐ1年。
どんな1周年の日をお過ごしになられるのでしょうか。

またお会いしたいです♡

ueda199

IMG_0144

【ご報告】

少し経ちましたが、
1/23 AM10:58に女児を出産いたしました。

想像どおり、、、
いえ想像をはるかに超えるお産でしたが、
10ヶ月間お腹の中で頑張って育ち、
この世に無事に生まれてきてくれたことが、
何よりも嬉しく、今は幸せをかみしめています。

もうすぐ生まれてから2ヶ月が経ちます。
産後1ヶ月は慣れない育児とも戦いながら、
のんびり、ゆっくり、ただただ我が子との
時間を過ごさせていただきました。

新生児という時期を終え、
まだ見えていなかった目も随分見えるようになり、
このところ、よく笑うようにもなりました。

少しずつできることが増え、
ママだと認識してくれているようで、
日に日に愛おしい存在になっていきます。

そして、今月から少しずつ、
仕事を再開させていただいております。

今年は、本当にゆっくりのペースで
お仕事を受けさせてもらっておりますので、
ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、
周りの家族、友人、仲間の協力も得ながら、
また今まで以上に、お仕事も頑張りたいと思います。

きっと大きくなるにつれ、
いろんな欲が出てくるのでしょうが、
今はただただ、健康ですくすくと
育ってくれたらと願う毎日です。

/////

img_0216

またまた久しぶりのブログ更新になってしまいました。
あっという間に3月も残すところあと少し。

ただいま、春ウェディングのお客様の打合せも
大詰めです。それに加え、夏、秋に結婚式
を控えているお客様との打合せもスタートし、
大忙しの毎日です。

それはとても嬉しいことで、
また、お客様との結婚式のお打合せは、
私にとっては幸せの時間でもあります。

お客様との打合せは、時には結婚式とは
全く関係のないプライベートなお話で盛り上がり、
話が弾む時があります。
いえ、多いにあり、その方が多いかもしれません。

今日のお打合せもその代表のようなものでした。
小学校の先生をされているご新婦Fさん。
ご自身の小学校の頃のこと、ご両親とご兄妹のお話、
今の悩みと、将来の夢。

12歳も年下の可愛いFさん。
たくさん沢山、とても真剣に、楽しそうに嬉しそうに、
時には悲しい顔もしながら、いろんなお話をしてくれました。

もともと、だれよりも人一倍、どんな事でも
包み隠さずお話してくださり、相談をしてくれるFさんは、
今では本当に可愛い妹のように感じます。

それと共に、とても芯が強く、
熱い想いを持っていらっしゃる方。

私は彼女とお話をする中で、
結婚式のプロデュースというもの、
ウェディングプランナーという仕事、
私の役割やしなければならないこと、
もう本当に沢山のことを、
改めて考えさせて頂くことが出来ました。

いつもいつも私はお客様から
沢山の勉強をさせて頂きます。
学びの場であり、幸せの場。

打合せでいろんなお話をして、
笑顔になって終える瞬間は、
本当に本当に嬉しくて幸せで、
この仕事が大好きだと毎回感じます。

春の訪れを感じた1日でした。

IMG_1295

今年に入り既に20日以上が過ぎました。
昨日、後回し後回しにしていた住民票の変更を
完了し、正式に京都人になりました。

学生時代憧れた京都。
まさか自分が京都に住むことになるなんて、
いままで想像したこともありませんでしたが、
京都がこれから私が人生を過ごす街になりました。

昨日朝起きたら、京都の街は辺り一面、白。
大きな雪が降り続いていました。

そこで、こんな日にしか見れない景色を見に行こう!と、
京都、将軍塚青龍殿の「ガラスの茶室」を見に行きました。
ずっと訪れてみたかった場所であり、
更に雪景色。それはもう圧巻でした。

山の上から眺める京都の景色も、
雪に覆われて、とても幻想的。

この景色を眺め、清々しく、
とても気持ちがスッキリした1日でした。

(雪の上をザクザク歩いて、ブーツの中の
タイツが水浸しになったことを除いては!笑)

昨年から少しずつ活動を再開させて頂き、
年明けより、改めて2016年のお仕事を
本格的にスタートさせていただきました。

お客様とお打合せしている時間が何より
幸せな時間だな〜と、心から実感する
今日この頃です。

今年でフリーランスウェディングプランナー
として活動をスタートしてから6年になりました。
そして、ウェディングプランナーになり、

15年が過ぎました。
改めて、本当に本当に素敵な方に恵まれて、
今の私がいることを心から実感しています。

年末年始には、これまで結婚式を担当させていただいた
お客様が会いにきて下さり、お食事をする機会もありました。
そして、前回のブログを読んで下さりお手紙を下さった方、
メールを下さった方、そしてお電話を下さった方など、
本当に沢山の方からお祝いのお言葉を頂戴しました。
さらには、今年ご一緒させて頂くお客様からも、
誕生日&結婚祝いと言ってお祝いを頂いてしまい、
本来すべき立場が逆転してしまい、
本当に恐縮ながらも、幸せで仕方ありません。

私は自分が大好きな仕事をさせていただいて、
そしてこんなに幸せな気持ちにしてもらい、
どれだけ幸せ者なんだろうと、つくづく思います。

この結婚式のプロデュース、プランナーのお仕事は、
目に見える形が全くありません。
手に取って見てもらえる商品を買ってもらうもの
とは異なり、これから結婚式を控えている
ご新郎ご新婦にとっては、正直不安もあると思います。

それでも、信頼してくださり、期待して下さり、
お二人の人生の大切な大切な1日を任せてくださる。

こんな大役を仕事にしている私は、
本当はプレッシャーだらけでもありますが、
その何倍も幸せを感じます。

その背景に、沢山の沢山の仲間達に支えて
もらえる心強さがあります。

同じ想いをもって、真剣に、そして楽しく
ひとつの結婚式を創り上げられる人と、
一緒にお仕事できる幸せを日々感じつつ、

私が周りの人にしてもらっているように、
私も同じように、人を幸せにできる人間に
なりたいと心から願う今日この頃です。

 

+++

img_2043

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

ご挨拶が少し遅くなりましたが、
みなさまお正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?

既に日常に戻り、お忙しい毎日を
過ごされている方が殆どかと思います。
今年のお正月はとても暖かく、よいお天気が続き、
お出かけ日和の3日間だったと思います。

私事になりますが、
元旦の1月1日に入籍をいたしました。

これまでの長い長い人生を、何不自由なく、
本当に毎日楽しく過ごすことができたこと、
今、心から両親に感謝しています。

そして、これまで私と出逢ってくれた
数えきれない大切な人たちがいて、
今の私がいます。

昨年1年、ニューヨークに行かせてもらい、
その間も家族、親族、そして友人たちに支えられ、
守られ、応援してもらいながら、こうして夫婦に
なることができました。
もちろん、応援しながら待ってくれていた相手に、
心から感謝しています。

そしていま、感じること。
これまではウェディングプランナーとして、
結婚式というものに向き合い、お仕事をさせて
頂いておりましたが、いまわたしは一人の新婦の
立場になり本当に沢山のことに気付かせてもらいました。

お嫁に行くということ、夫婦になるということ。
両親からの愛情や、心配、そして信頼。
全てを伝えることは難しいですが、
一人の花嫁の目線で、いろんな想いを感じ、
一から勉強させて頂いております。

これは、今までのお客様に謝罪しなければなりません。笑

あるご新婦から、こんなメッセージが来ました。
「どうぞ苦しんで下さい!!!笑」と。

宿題を出し続けるスパルタな私に、
ご準備を頑張られた元ご新郎ご新婦からの
エールだと想い、いいようにとらせて頂くとして・・

今年は私も皆さんと同じように苦しみながら、
そして思う存分楽しみながら、
準備を進めていきたいと思いますので、
ぜひ一緒に、それぞれが想い描く結婚式を
叶えられるよう、みなさん頑張りましょう!

これまでお世話になりました方、
ご結婚式に携わらせて頂いた皆様方、
本来きちんとご連絡をしなければならない中、
ここでご挨拶をさせて頂くことをどうかお許し下さい!

そして、これからも変わらず、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

7.Jan.2016
Takako Sugata

+++

1 / 7012345...102030...最後 »

CALENDAR

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

CATEGORY

  • TOE & TIE
  • FACEBOOK
  • instagram
  • アディーレブライダルカレッジ神戸認定校
↑