菅田貴子のオフィシャルサイト

News&Blog j[XuO

Monthly Archives: 11月 2012

先日、母のバースデーのお祝いに、
ユニッソンデクールでディナーを頂きました♩
いつ行っても、本当に美味しいお料理です。

久しぶりに父と母と3人、家族水入らずで、
とても美味しく、楽しくお食事をいただきました。
写真はシェフがサービスで出してくれた、

キャビアのせ牡蠣!!美味すぎました♩

そして私も最近はめっきりお酒を飲むことが少なくなり、
弱くなったのですが、私好みの美味しいワインを
ソムリエのKちゃんがチョイスしてくれて、
これまた久しぶりにワインを堪能いたしました♥

そんなこんなで、幸せな時間が過ぎた頃、、、、、

我が母、貧血で倒れる。

ある時は、ジルで父が貧血で倒れ、
またある時、別日にジルで父が貧血。
そして今度は母、貧血。。。

我が家は美味しい物を食べると
貧血になるのでしょうか・・・泣。

大事に至らなかったので、こんなブログを
書けておりますが、、とにかくびっくりして
慌てふためきましたが、後で父に、
「何よりお前の叫び声が一番迷惑だった」と、
冷静に指摘されることになりました。- -
反省〜〜。

お店のスタッフの皆様のスマートな対応に感謝!
Kちゃん、ご迷惑おかけしました〜。
また改めて、行きます♩

先週の日曜日、姪っ子Rのお稚児さん姿を見るため、
午前はお仕事をお休みさせて頂き参加してきました♩

「お稚児さん」
私も子供の頃にこの姿の写真が残っているため、
つい近日まで「七五三」と同様、みんな必ずしている
ものだとばかりわたしは思っていたのですが・・、
そうでもなかったようです。笑
今回は知合いのお寺の行事で参加させて頂きました。

この衣裳を身にまとい、お化粧の仕上げには
おでこに丸い点を2つ。(写真には写っていないですが)

私の子供の頃の写真に残っているお稚児さんのイメージは、
「可愛い」とか「素敵だね」というより、
どこかのキャラクターか?もしくは、ただただ笑いを
提供しようとしたのか?みたいな感じのものでしたが、、
それはあくまで「私」と言う人間を表していただけのようで・・

ぷくぷくでまんまるだった私には、
凛とした雰囲気はゼロ。笑

我が姪っ子R。
よくぞここまで似合うものだな〜と、関心。
・・すみません、身内の欲目です(笑)
将来、必ずやって良かったと思えるこの行事。
良い思い出にしてくれていると良いな♩

- 今日のおすすめギフト -

「アスティエ・ド・ヴィラット」

パリ市内で全てハンドメイドでつくられる白い器たち。
オリジナリティー溢れるアスティエ・ド・ヴィラット
の陶器は、まさに芸術です。

フランスの旧家、ASTIER de VILLATTE
(アスティエ・ド・ヴィラット)家の末裔でもある
デザイナーが、パリのボザール(パリ国立美術高等学校)
で出会ったアーティスト仲間と共に始めたブランド。
陶器を中心に、キャンドル、ステーショナリー、
グラスウェア等の幅広いコレクションを手掛けており、
世界中のセレクトショップで販売され、
多くの人々から絶大な支持を得ている
アスティエ・ド・ヴィラット。

とても高価な商品ですが、
特別な方へのギフトとして選ばれてはいかがでしょうか☆

・おすすめ取扱店・
— ブランドジュリエ(兵庫・芦屋)http://www.blancdejuillet.jp
—オルネドフォイユ (東京・青山)http://www.ornedefeuilles.com

披露宴が終わり、お次はセカンドパーティー!
私たちスタッフはこの時間が戦いです。

この時間、新郎新婦もちょっと休憩〜。
ゲストと一緒にアペリティフをつまみ、
ホット一息。

とにかくいたずら好きの男の子っていますよね?笑
まさにこの新郎。
新婦は慣れっこです。

そうこうしている間に、着々と準備が整い始めました。
セカンドパーティーのヘアメイクは、美容師をされて
いるご友人にしてもらいました。リハーサル無しで
ぶっつけ本番。それでも仲の良い友人ならではの、
新婦の好みを知り尽くしている、彼女のスタイリング
も本当に良く似合っていて、可愛かったです!

そして、この美しいフラガール。
Part1で存在感たっぷりな後ろ姿を披露してくれて
いた彼女は新婦の妹であり、本日この2ndパーティー
の司会者でもあります。
なんと、私もお仕事をご一緒させて頂いたことも
あり、新婦同様とってもチャーミングな女性です。

「目立ち過ぎ注意!」自分で言ってしまう位、
すばらしいオーラを放っておりました☆

いよいよ2ndパーティー、スタートです。

総勢14名様でのオープニングダンスから。
Familyがコンセプトのこのウェディングパーティー。
新婦のふたりの妹さんと大勢の従妹ちゃんたち、
そして古くからのご友人によるフラダンスでスタート。

ふたりの共通の趣味は「LIVE」に行くこと。
書かないとクレームが来ると思うので一応書くと、
それも「KAN」のライブ。
愛は勝つのKANさんです。
「さん」をつけなきゃこちらも怒られるので一応。。

このパーティーは音楽イベントのようなものにしたい!
と言うふたりの想いは、そのままそのとおり、
始めから終わりまでとにかく楽しいパーティーでした。

とってもお上手なおふたり。
「お嫁においで」
私も大好きです。

何より 、この方が一番楽しんでおりました。
きっとこのパーティー始めから、終わりまで・・・、
誰よりも楽しんでいたはずです。

これだけ盛り上がれる、
盛り上げられる花嫁は素晴らしい!!

これは一体なんだったのか・・・笑。

大人が各々に楽しんでいる仲、
こんな可愛いゲストも参加していました♪
そして、この彼がこの後、一番高価な景品を
ゲットしてお帰りになられました^^。

素敵な姉妹愛♥
これが新郎だったら、よくある新郎新婦の
素敵な写真になったことでしょう。笑

長い長い1日があっという間に過ぎ、
私にとっても楽しみにしていたウェディングデーが
幕をとじました。

みやっち&よしのちゃん

結婚おめでとう!
亭主関白(のつもり)かかあ天下(になるかな?)
何であれ、楽しい夫婦生活をおくってね☆
そして、楽しい1年をありがとう♪

Congratulations!!

 

 

11月最初の日曜日。
元同僚である、みやっちとその奥さまになる
よしのちゃんの結婚式が執り行われました。

ちょうど1年前、突然電話をしてきたと思えば
聞き取れないくらい相変わらずの早口で、
「僕結婚するから、プランニングしてください!」と、
お願いしているようには到底思えない口調で、
「だからいつ会いますか?今、日を決めましょ?」
と言ってきたみやっち。

私は本当に良い人だ!
と、この後結婚式当日までに何度思ったことか。笑

そんなみやっちの伴侶となったよしのちゃん。
さすが!な彼女は男前であり、素晴らしい女性であり、
この1年よしのちゃんと二人三脚で頑張ってきたこの
結婚式が私はとても待ち遠しかったのです。笑
(*二人三脚は冗談ですが♪)

この日を迎えるまでに、約1年。
まだまだだね〜〜〜と言いながら、
ミスチルのLIVEに連れて行ってくれた日が懐かしい。
あれからあっという間に半年以上。

ふたりとも温かい家庭で育ち、とにかく親戚、
いとこ達が仲良しなんだと言っていたふたりの
結婚式のテーマは「Family / 帰郷」。

会社の人も、お友達も、みんながファミリーだと
言うふたりはとにかく故郷にみんなが帰ってきて
集まっているような、なごやかでとにかく楽しい
パーティーにしたい!!と言ってましたね。

きっと叶えることが出来たのではないかな。
素敵な素敵な結婚式でした。

当日、挙式が執り行われる時間には私は会場の
セッティング中。行けない予定だったけれど、
早朝から準備を頑張って、途中抜けさせてもらい
なんとかギリギリ間に合うかな?!と、
車を飛ばして神社へいくも、既に後ろ姿。笑
それでも、「参進の儀」少しでも見ることが出来ました。

そうなのです。この線路をまたがなければ、
パーティー会場には入れません。
素敵な絵だな〜◎

早くに到着していたご友人たち。
花嫁を見た瞬間、既に号泣。

後ろ姿さえも存在感たっぷりの素敵女性^^。

前夜、ハガキサイズのメッセージカードを、
どうしたものかと 悩んだ末に夜な夜な△にカット。
殆ど終わってからペーパーカッターを持っていた
ことを思い出し、、まぁいっか☆と。
後からよしのちゃんがとっても喜んでくれていたと
聞いて、それだけで満足です★

ペーパーアイテムも、御重のしおりも、しおりの
スタンプ(はんこ)さえも新婦の手作り。

おばあちゃま。突然のご指名に大号泣でした。
そして、会場中が大号泣となった色直し退場。

お色直し。ゲストがお食事を楽しんでいる間に、
2階では「ファーストミート」が行われていました♥
この日まで、新婦のドレスは新郎には内緒に。
お花の打合せや、資料などなど隠すのに必死でした。
希望通りのリアクションをしてくれました◎◎◎

花嫁の父。
私はこんなに娘のことを大好きだと、
「嫁に行くのが寂しい」と、はっきり口にする
お父さんを知りません。素敵な素敵なお父さん。
和装選びにご一緒させてもらった時、一瞬で
私はお父さんの大ファンになりました!

ご両親へのお手紙の後。
涙のとまらないお父さんに、抱きつくシーンは、
お父さんの正直さにみんなほっこりでした。

みやっち。
頑張るんだよ〜〜。親の想いはとても重いのです。

Part2へつづく。

1 / 3123

CALENDAR

2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

CATEGORY

  • FACEBOOK
  • instagram