菅田貴子のオフィシャルサイト

News&Blog j[XuO

Monthly Archives: 12月 2013

Processed with VSCOcam with se1 preset

CONCEPT IS…
“PEACE , LOVE AND WEDDINGS!!”

初めてお会いした日のことを、
私は今でも昨日のことのように思い出します。

とっても明るくて、とても親しみやすく、
嬉しそうに楽しそうにいろんな話をしてくれる。
お互いが本当に信頼し合っていると一瞬で
感じられるくらい、なんだか兄妹か双子のように、
(このおふたり)似ているな〜〜と感じたこと。

ずっとニコニコ笑顔の可愛い新婦 yonsunさんと、
短髪にこんがり焼けた肌がよく似合う、
イケメンの新郎 yoshiharuさん。

初めてお会いした日。
1枚の写真を見せてもらいました。
その1枚の写真のような結婚式にしたいと、
熱く熱く、その想いを一生懸命語ってくれました。

その日から始まったおふたりとの結婚式準備。
 あの日から当日までの数ヶ月間で私は、
おふたりからとてもとても大切なことを
学ばせていただきました。

こんなにも「人」に対して誠実で、
想いやる気持ちが強く、温かい人を
私は知らないかもしれない。
いつもいつも自分達より人のことを考え、
心温かいふたり。

お互いのどこが好き?
という質問に、ごまかしたりすること無く、
真っ直ぐその想いを答えてくれたおふたり。

人生は1度きり。

その人生、こんな相手に(お互いが)
巡り会うことができたふたりは、
本当に幸せだと心から感じました。
そして、ちょっと羨ましくも感じたのです。笑

悩んだり考えたりすることも多かった結婚式準備。
いつも最後には、自分ではなく「誰か」のことを
考えながら決断している姿をいつも見てきました。

IMG_9714

だから今回の結婚式は、
とにかくふたりの笑顔が見たかった。。

IMG_9230
前日の準備。

「森をぬけると海が広がる..」
ふたりの大好きな1枚の写真から伝えられた、
ビジュアルコンセプトは「森と海」。

ウェディング会場は、
湘南・葉山の海が目の前にひろがる、
最高の最高のロケーション。

IMG_9708

明日の1日が、
2人にとって最高の日になりますように・・。
そんな願いを叶えてくれそうな、
輝くオレンジ色の夕陽でした。

そして、迎えた当日。
綺麗な綺麗な富士山が眺められ、
最高のお天気になりました。

IMG_9502

 IMG_9712
サーファーの新郎。
大好きな海を眺められる会場での結婚式。

最終打合せのとき、
新婦と私が「晴れますように!」と祈っていると、
「波来るかな〜?」って、波の心配。。

「そこーー!!?? 笑」と、
大爆笑したことが懐かしい。。

 

IMG_9710

大好きなHeather Brownの絵画をまねて描いた、
ふたりの力作は Photo Boothに。

IMG_9711

準備中にphotographer.Yamaさんと。

Processed with VSCOcam with m6 preset

IMG_9717

新婦 yonsunさんが説明を受けている間に
グルームズメンとブライズメイドのみなさんと。
私も入りたい〜〜〜!!
って、叫び声が聞こえました(笑)

IMG_9496

IMG_9500
緊張を和らげるため、飛ぶ!

IMG_9718

本当に美しかったのです。

IMG_9716

IMG_9720

IMG_9719

パーティー前半は、
まだまだ緊張の溶けないYoshiharuさん。
ベストマンのご友人から、
リラックス、リラックス!!と。

IMG_9498

そして後半。
実は双子の新婦Yonsunさん。
双子のお姉さんからサプライズのムービーが流れ、
涙、涙のシーンもあり。。。

クライマックスにゴスペルシンガーの登場で、
会場中が大盛り上がり!!

IMG_9722

IMG_9504

IMG_9724

IMG_9723
なぜかここでHug !

IMG_4090

ふたりがずっと願っていた、
「みんながひとつになる」結婚式。

IMG_9499

叶えられたかな。

IMG_9726

家族の絆。

結婚式が終えてから届いたメールに、
「あのパーティーが終えて、やっとひとつの家族に
なれたような気がする」と書かれていました。

きっと誰もがそうなのだと思います。
結婚式というものの偉大さをいつも感じます。

だけど、その結婚式をどこまで楽しめるか、
楽しませられるか、盛り上げるられるかは、
新郎新婦とそのまわりの人たち、
ご家族、ご親族、ご友人たち皆の力。

それを心の底から感じさせられたパーティーでした。

IMG_2357

沢山の笑いと涙溢れる結婚式。
ふたりの沢山の笑顔と涙が見れて、
もうそれだけで私は幸せでした。

今回のウェディングは私にとって、
もうひとつ、大きな感謝があります。

結婚式を創り上げる時に大切なこと、
それはやっぱり一緒に創り上げる
メンバーなんだということ。
心から感じさせてもらいました。

後日頂いたメールには、
全てのスタッフの名前が記載され、

” 誰が欠けてもあの日は無かったと思います!” と。

IMG_9665

結婚式を通じ、
ふたりと出会えたことを心から嬉しく思います。
この素晴らしい結婚式に携わることが出来たことに
心から感謝して...

PEACE …
LOVE AND WEDDINGS.

いつまでもいつまでもお幸せに !!!

+++

IMG_8953

うめだ阪急百貨店9階の祝祭広場に、
8Mもの巨大なミラーボールのツリーが
ディスプレイされています!!

ウェディングのお仕事仲間であり
友人の「ねのうわさ」櫻田氏と、
MIRRORBOWLERSさんのコラボ作品。

夏の太陽の塔に続き、
大阪でのお仕事ということで、
とても楽しみにしていました。

とっても迫力のある、
素晴らしい作品です。

クリスマスまであと少し。
是非見に行ってみて下さい!!

ねのうわさ
http://nenouwasa.com

+++

IMG_9005

グランフロントのクリスマスデコレーション。

IDEA FEVESのロゴやホームページ、
パンフレットなどを手掛けて下さった
ANONIWAのアートディレクター北口さんの
作品がグランフロントの至るところに、
デコレーションされています!

とっても可愛いくて、ワクワクするような
乙女心をくすぐるデザインの数々。

クリスマスまであと少し。
是非みなさま、足を運んでみて下さい☆

ANONIWA
http://anoniwa.jp


+++

IMG_3806

ご馳走という言葉は、客人のために
方々走り回っていい食材を集め、
料理をふるまうことを表しているそう。
きっと、その食材が高価だからとか
希少価値があるからではなくて、
その心持ちが身に沁みるから、
「御馳走様」という言葉が
同時に生まれた。

どうぞと言って差し出すと、
どうもありがとうと喜びがこだまする。

「もてなし」とは、
目には見えない豊かさそのもの。

 - ecocolo vol 66 より -


まさに結婚式そのものだと、

読みながらつくづく感じました。

ゲストの皆様に「おもてなし」がしたい。
という想いから、数ヶ月もの間、
一生懸命準備をして迎える当日。

ゲストに「ありがとう」という
想いを伝えるために。

そして、皆さまからの「おめでとう!」
という言葉の奥には、
「(沢山のおもてなしを)どうもありがとう」
という想いも込められていると、
わたしは思います。

結婚式が終え、沢山の祝福を受けて、
これまで以上に友人や親族、
周りにいる人達の大切さ、ありがたさを
実感する新郎新婦さんも多いです。

「結婚式をするまでは、
皆がこんなに私たちのことを想って
くれているとは思わなかった。
本当に素晴らしい友人、家族に恵まれて
今があるんだと心から感じました!!」
と、話してくれた方がいます。

その結婚式は、本当に沢山のご友人達が
2人のために力を貸してくれて、
一緒になって、自分の事のように
創り上げてくれました。

だけど私が感じたのは、
やっぱりその新郎新婦おふたりが、
そうさせているのだと。

「ありがとう」と言わなくても
その気持ちが伝わる。
「これだけ準備したよ!」と言わなくても、
沢山の頑張りが十分にわかる。
きちんと「もてなし」をしているから、
「ありがとう」という気持ちで皆も助けてくれる。

「もてなし」とは、目には見えない豊かさそのもの。

まさに、その豊かさを私は折に触れて
感じることが出来るということに、
改めて幸せな人生だと実感しています。

+++

IMG_8828

2013.12.1
S+H Wedding
Karuizawa club Ariaketei

前日の軽井沢は、
雲一つない晴天でした。

落葉した木の枝と枝から差し込む
日差しがとても眩しくて、
軽井沢という街が、

「どうだ!これが軽井沢なんだ!」
とでも言っているような、
ゲストの私たちを歓迎してくれているような、

また、明日結婚式を向かえるお二人を
祝福してくれているような、
そんな壮大さを感じました。

聡さんと晴子さんが選んだ
冬の「軽井沢」でのウェディング。

きっと新緑の季節はそれは素敵なのでしょう。
けれど冬の軽井沢の素晴らしさは、
他では絶対に味わえない、
最高の最高のロケーションなのだと
私は心から感じます。


「(自分達の)結婚式が

 ” こんなにも ” 良くなるとは
 思ってもいなかった。。」
と言われました。
こんなにも嬉しい言葉はありません。

 

初めてお電話を下さった日。
晴子さんと沢山お話をして、
それからすぐにお会いして、
そしてその日中にメールを下さったこと。

「菅田さんと一緒に素敵な結婚式を
 創り上げていくのはきっと楽しいと
 思うので、どうぞよろしくお願いします!」と。

とても嬉しかったあの日から、
あっという間の12月。

1年、1年半と、長い長い期間をかけて
ご準備をご一緒する方も多い中、
おふたりと過ごした4ヶ月は、
私にとってはそれ以上に、濃い時間を
過ごさせて頂いたと心から想います。

4ヶ月という限られた時間の中で、
出来るだけのことをするのではなく、
やりたいこと、やれること全てを叶えるため、
頑張ってご準備されました。

ここに、二人のこだわりが詰まっています。

IMG_8647

invitationからとにかくこだわった、
Letterpress - 活版印刷 – 。

中学校からずっとイギリスで暮らした聡さん。
アメリカの大学に通った晴子さん。

欧米での当たり前は、
日本では当たり前では無い中、
ふたりの強いこだわりを全て叶えた、
オリジナルアイテムたち。

デザイナーさんと一緒にひとつひとつ考え、
相談し、毎日のようにやり取りをして、
出来上がった数々。
全てのものが本当のオリジナル。

招待状から始まり、何から何まで。
シールまで活版印刷にこだわる人は、
きっと今後もいらっしゃらないだろうな〜〜と、
私は思います。笑

IMG_8898

IMG_8835

IMG_8836

プチギフト用のこの巾着も、ひとつひとつ手作り。
お二人だけのオリジナル。

Processed with VSCOcam with m3 preset

東京からわざわざ神戸まで足を運び、
選んだウェディングドレス。
最高のドレスで身を包み、
この場所を、この長いヴェールを引きずって
歩くことをとても楽しみにしていました。

心配していたお天気は、
きっと1年の中でも数える程の、
最高の結婚式日和になりました。

IMG_8826

IMG_8899

本当に綺麗でした。。。

IMG_8827

IMG_8908

とにかく紳士で、男らしく、
いつも堂々とされている聡さんも、

この日ばかりは、
ちょっと緊張していたと言うことで、、、

IMG_8910

ずっとこの用紙を持っています。
そう、スピーチの原稿です★

準備風景での可愛い一面もありつつ、
素敵な素敵な結婚式が執り行われました。

緊張なんて感じさせない、
素晴らしいスピーチだったことは、
言うまでもありませんが^^。

英語の方がリラックスされていた気がするのは
私だけかな。。

IMG_8900
大好きな愛犬「サクラちゃん」も一緒。
そして、ご実家のふたりも一緒。

 IMG_8834
この日のためのマノロブラニク。

IMG_8831

JAZZ演奏をBGMに踊ったファーストダンス。
ここだけ欧米にいるかのような時間が
流れていました。

IMG_8833

IMG_8795

IMG_8786
最後の最後に「みんなで一緒に乾杯を!」と、

パーティーが終えてからの、ラストの1枚。

この最高の笑顔を見ることができて、
何も言うことは無いくらい、
私は幸せです!

最後の最後にサプライズで下さった花束と、
心のこもったスピーチ。
そんなことをしてもらえるなんて、
思ってもいなかったからビックリしすぎて、
ちょっと挙動不審な私だったと思います。笑

とても素敵なメッセージを贈って下さり、
嬉しかったと言うひと言では表せない、
とても温かい気持ちを頂きました。

涙をこらえるのに必死でしたが、
あとあと「菅田さん泣かなかったね〜〜!」
って、お叱りを受けました。笑

プランナーという仕事をしている自分がいて、
だからお二人に出会えて、こうしておふたりの
結婚式に携わることが出来たことを、
心から嬉しく思っています。


大切なことを沢山学びました。

結婚式の素晴らしさ。
結婚式を通じて感じられること。
結婚式というものの偉大さ。

改めて「結婚式」の大切さを
身にしみて感じさせて頂いた1日でした。

IMG_8896

いつまでもずっとずっとお幸せに!!

Congratulations! 

+++

1 / 212

CALENDAR

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

CATEGORY

  • FACEBOOK
  • instagram