ポエティカ ウェディング展

Posted on 2013/07/16 by ideafeves

IMG_5740
先週の土曜日は、
芦屋のドレスショップpoetikaさんで
開催された展示会、

poetika × Cocochi Mille
「すべての花嫁のためのウエディング」

にお邪魔しました。

いつもながらたくさんの素敵なドレスに、
この日はココチミルさんのシルクフラワーで
一段と素敵に彩られたコーディネートの数々が
展示されていました。

新しいアトリエにも初めてお邪魔して・・
素敵な空間で、素敵なドレスを手にとって
眺めていると、、、私も少しばかり、
ドレスを選んでワクワクドキドキしている
花嫁の気分を味わうことができました。笑

そしてもうひとつ。
夙川のミッシェルバッハさんに依頼された、
オートクチュールのスイーツが並べられていて、
真っ白な空間のアトリエに展示されているドレスと、
甘〜いスイーツを頬張りながら、

ここはParis?!

と思う程、
素敵な時間を楽しませて頂きました。

ありがとうございました!

poetika
http://poetika.jp/index.html

+++

BEARD / コンセプトは旅。

Posted on 2013/07/12 by ideafeves

IMG_5645

まずは念願の「BEARD」。

三軒茶屋にあるuguisuの元シェフが、
目黒にご自身のお店をオープンされました。

コンセプトは「旅」
ここで過ごす時間が、束の間の旅のように
感じてもらえたら・・とシェフの言葉です。

それはそれは美味しくて、
カウンター越しに目の前で調理してくれる
お料理たちは、どれもシンプルに作られて
いるようにも感じられますが、
「久しぶりにこんなに美味しいものを食べた!」
と、大声で言いたくなります。笑

お店はカウンターに4名と、
テーブルが3つ位の小さなスペースですが、
ゆるりとした空気が流れていて、
本当にどこか行ってみたい国に旅している
ような気分になりました。

それはそうと、
uguisuもそうでしたが、満席の店内で、
いつもお客様が入って来られてはそのまま、
立ったままワインを飲み始める。
さらには、立ったまま、どこかのスペースを
テーブル代わりにお食事までし始める。

その風景が当たり前のように流れているのは
やはりBEARDの独特な空気感なのだと思う。

とてもとてもオススメのお店です。
本当は、隠しておきたいくらいです。

BEARD
http://b-e-a-r-d.com

+++

Nomadic Kitchen。

Posted on 2013/07/11 by ideafeves

IMG_2837

いつもブログを読んで下さっている方は、
もしかすると私のことを、
「本当にウェディングプランナーなの??」
と、思っていらっしゃるかもしれない・・。

それくらい、私はウェディング以外のことばかり
綴っていることに、最近気がつきました。笑

それって大丈夫なのかな?と、
少し不安にもなりつつ・・

私の好きなもの、興味のあるもの、
そしてその私の「好き」を少しでも
お伝えできればと思い、、これからも遠慮せずに、
好きなことを綴らせて頂こうと思います。笑


そして今日ご紹介するのは、

 

Nomadic Kitchen

旅すること。出会うこと。作ること。
食を通じて本物を伝えることを大切にする。
Nomadic Kitchen は、そんな気持ちを持つ
料理人たちの食のプロジェクトです。


お客様のご縁で知ることができ、
以前にもブログで書かせてもらったこともある、
フードコーディネーター野村友里さんが参加
されている食のプロジェクトチーム。

4月にご招待頂いたToday’s Specialの1周年
パーティーでは、このNomadic Kitchenの皆様
による素晴らしいお食事をいただきました!

美味しいお食事をすると、幸せな気分になります。
美味しいお食事をすると、いつもより少し人生が
楽しくなります。

ウェディングでもそれは言えること。
美味しいお食事をゲストと一緒にすることで、
同じ幸せを分け合うことが出来ると私は思います。


地域の文化を大切にし、世界に誇れる暮らしを求めて

収穫し、料理し、ともに食べる。 
まずは食から。

 

そして、そんな
《世界に誇れる暮らしの中で
行われる結婚式》
が、私の目標です。

今回の東京1週間は、
今までずっとずっと行きたかったお店に
たくさん行ってきました。
改めて、ご紹介したいと思います!!

Nomadic Kitchen
http://nomadic-kitchen.org

+++

ウェディングプランナーの花嫁

Posted on 2013/07/10 by ideafeves

img_0180
現在プロデュースを行っているお客様の中に、
ご自身がウェディングプランナーのご新婦が
2組いらっしゃいます。

ひとりは現役ウェディングプランナー。
ひとりは元ウェディングプランナー。

始めは、ご自分でしたら?!
って、勧めたりもしました(笑)。

だけれども、私にプロデュースを依頼して下さり、
現在ご準備を進めています。

お二人に共通することは、
本業だからこそ、そのプロの必要性を
感じていらっしゃるということ。

そして、きちんと自分達のやりたい結婚式を
叶えるため、こだわる為には、自分以外の人
(フリーランスプランナー)と一緒に準備を
することの大切さを実感しているということ
なのかな??と思っています。

そして、一番の共通点は・・
婚約者であるご新郎がプロの彼女達より
こだわりさんだということ!!笑

私たちウェディングプランナーは、
結婚式のプロ。結婚式に携わる仕事をしている
私達の仲間が結婚するとき、殆どの人は
自分の好きなように、そして割と効率的に(笑)
準備を進めています。
「好きなようにしたらいいよ〜!」
と言ってくれるお相手が多いのでしょう★

だけれども、彼女達のお相手であるご新郎は
ご自身のこだわりをとてもしっかりとお持ちで、
どちらかと言うと、プランナーである新婦よりも
強いこだわりがあるように感じます。
だからこそ、そのご新郎方の後押しもあり、
フリーランスプランナーである私がご一緒
させていただいているのだと、心から感じます。
実は、ウェディングプランナーであるふたりの
ご新婦のことを基に書きましたが、
今私がプロデュースしてる方、今までプロデュース
してきた方全てに共通していることが、

『ご新郎』が、結婚式にこだわっている!
ということ。

素敵なことですよね。
男性がこだわりを持って結婚式をすることこそ、
本当の意味で、花嫁(女性)の為の結婚式なのだと
私は思います。ふたりの結婚式だからこそ、
二人ともがしっかりと相談し、
譲り合いも大切ですが、意見し合う。
結婚式が終えた後の二人の夫婦生活は、
結婚式の準備を一緒に頑張り、乗り越えたからこそ、
もっともっと素敵な生活が、楽しい毎日が
待っていることと思います。

沢山のお客様のウェディングのお手伝いを
させて頂きますが、やはり同じプランナーの
結婚式をサポートさせてもらえること、
選んでもらえることはとても嬉しいです。

そして二人ともが、
「将来は私もフリーランスプランナーになりたい!」
と言ってくれています。結婚式が終えた後に、
今以上にその想いが強くなるように、
最高の結婚式にしたいと心から願っています。

+++

「感覚の女」ワークショップ。

Posted on 2013/07/09 by ideafeves

IMG_5621

TODAY’S SPECIAL × ecocolo の
「感覚の女」ワークショップに参加しました!

『わたしの香り探し』です。

植物原料から作られるナチュラルで
ハイクオリティーな香水”DAWN parfume”を展開する
香りコンサルタント 杏 喜子さんにスキンタイプ診断を
してもらい、私にぴったりな香水の選び方や付け方を
教えてもらいました!!

私のスキンタイプ(肌の香り)は、
なんと『sweet/スウィート』だそう.♥* !!
甘〜い香りを発しているということ。
何とも女子っぽい診断が下されたものです。
ウソのよう・・笑。

肌本来のもつ香りを引き出す香水があり、
それをつけると、人それぞれ漂う香りが異なる
のですが、私・・本当に甘い香りがしたのです!

私を含め6名が参加していたのですが、
sweetスキンの方が私含め3名、
muskスキンの方が他、3名。

同じsweetスキンでも、その人本来の持つ香りが
それぞれ異なり、同じ香水をつけても全く違う
香りがするということ。
今まで全く知らなかったけれど、
試してみると本当にその通りで、
ビックリしました!!

元々私はあまり香水が好きではなくて、
ボディークリームや、ボディースプレーに
軽い香りがついているくらいのものを好んで
つける位だったのですが、香水って奥が深い!

sweetスキンの私は、
甘い香りの香水をつけると1日中香りが保ち、
逆にmuskなどさっぱり系のものをつけると、
すぐに甘い香りに消えてしまうらしい。。

その体質を知って、肌本来の持つ香りと
香水の相性により一番私に似合う香りを
これから見つけたいと思います!

とてもとても楽しいワークショップでした。

+++

CALENDAR

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

CATEGORY

ARCHIVE