Masaya & Emiko – Untitled –

Posted on 2019/02/13 by ideafeves


お二人との出会いはNYでした。

留学をしていた頃、
同じアパートに住んでいたのが
MasayaさんとEmikoさんでした。

あの時は、こんな日が来るなんて
想像もしていなかった。

あれから数年経ち、
アメリカで入籍されたご報告と共に、
日本での結婚式を、
ふたりの大切な1日を
任せたいと言ってくれたこと。

そして、その素晴らしい1日を
こうして一緒に過ごせたこと。

二人と出会い、
人との出会いや繋がり、
その大切さを改めて、
改めて感じました。

そんなふたりの結婚式。

何から綴ろうかと悩みすぎて、
あれからあっという間に
2ヶ月以上が経ちました。

あの日見た景色、
あの日感じた想いは、
本当に特別で、
きっと何年経っても
忘れることのできない
素敵な素敵な1日でした。

NYでアーティストとして活躍する
新郎Masayaさん

熱い熱い熱い心の持ち主で、
内面だけでなく、その熱さがもう
外面にも漏れてしまっている。
と、私は思っています。笑

一つ一つ、とても真剣で、
いろんなことへの「想い」が
抱えきれないほどあるのだろうと、
感じるMasayaさん。

私のMasayaさんの印象は、
とてもフレンドリーで、
人懐っこい人。
そして、やっぱり一番は、
想いの熱い人。

結婚式当日、会場に飾られた
Masayaさんの作品の数々から、
Artを通して「人」に対する
温かさ、想いの深さなどを
感じられたように思います。

その隣に、新婦Emikoさん。
とにかくいつも本当に明るくて、
テキパキとなんでもさらっとこなし、
仕事ができる人とはきっと
この人のことを言うんだろうと、
感じる ‘ できる ‘ 女性。

その上とても温かくて、
周りにいる人を本当に大切にしていて、
いつも言葉の端々からそれが伝わってくる、
そんなEmikoさんからは、
人として学ぶことが沢山たくさん、
本当に数え切れないほど、
山ほどありました。

結婚式を考えた時、
できる限り、周りにいる自分たちの
大切な友人や仲間たちと一緒に、
ふたりの結婚式を作り上げられたら嬉しい。
と、話してくれた始まり。

当日は、まさに沢山のご友人たちが、
日本各地から、またNYからも集まり、
皆さんの力を借りて、会場だけでなく、
この1日全てが出来上がったのだと、
今心から想います。

涙もろく、
もうずっとずっと
泣いていたように思います。

ウェイティングルームには、
新郎Masayaさんが描かれた
数々の作品がディスプレイされました。

とてもかっこよくて、
そして心が温かくなる絵ばかり。

Artは見る人それぞれによって、
感じ方も違えば、
書き手の想いやその意図などを
想像することもとても楽しい。

あの日、あの空間は、
間違いなくとても温かくて、
そこに集まった全ての人が、
とても幸せな気持ちになれた、
そんな作品ばかりだったと、
そう、私は思うのです。

新郎MasayaさんがEmikoさんのご両親へ
初めてご挨拶に伺った日。

アーティストとして未熟な自分が
何を言われても仕方がないと思っていたのに、
お父様から出てきた言葉は
思ってもいなかったことだったと、
話してくれました。

「Masayaくんは、
好きなだけ思う存分絵を描きなさい。
旦那ひとり食べさせる位できる
娘に育てたつもりですから。」と。

それを聞いた時、
EmikoさんがEmikoさんであることが、
本当にわかった気がしました。

素敵なご両親の元、生まれ育ち、
Emikoさんという素敵な女性が
ここにいるんだと。

そしてまた、
その時その言葉の奥にある想いを
強く感じたと言うMasayaさん。

きっとそんなMasayaさんだからこそ、
お父様も温かく、大切なEmikoさんを
託す気持ちになられたことは、
言うまでもないかもしれません。

このお話を以前話してくれた時、
Emikoさんは相変わらず笑いながら

「勝手なこと言って!と思ったけど(笑)」
と。

ご両家とも、本当に素敵なご家族だな〜と、
この1日を通して何度感じたことかな。

本当によく笑い、よく泣いた
大忙しだった1日。

Artを通じ出会ったふたり。

そんなふたりが
結婚式につけた題は

「Untitled」

//

人との出会いや繋がりを大切に
生きてきたふたり。
いつも人に助けられ歩んできた人生。
自分たちだけでは乗り越えられ
なかったことも、そこにみんなが
いたから登れた1歩もある。

//

ふたりが第一歩を踏みだす日。
ふたりの出会いのきっかけでもあり、
これからも一緒に生きていく
Artを作る過程のように、
いろんな色を重ねて作り上げる1日に。

そんな想いを込めて、
当日は真っ白なキャンバスに、
ゲスト一人一人に色を足してもらい、
みんなの色が合わさって、
少しずつ出来上がっていく絵のように、
会場が完成していきました。

想像を超え、
楽しく、面白く、
とても素敵な光景でした。

フリーランスプランナーとしての
スキルを学ぶために訪れたNY。

同じ街に住み、
同じ景色を見ていたふたり。

そして、今もこれからもそこで
暮らしていくふたり。

私にとっても大好きな、
たくさんの影響を与えてくれた街。

そのNYが私にくれた宝物。

二人と話をしていると、
普段ちょっと感じる悩みや
些細なことは本当にちっぽけで、
世界は広くとても大きくて、
そして未来は自分で変えられる。

人生1度きり。

そう、感じるのです。

NYという街が私にくれた
素晴らしい縁。

大好きな二人の大切な1日を、
ウェディングプランナーとして
一緒に立ち会えたことを、
本当に嬉しく、心から幸せに思います。

 

いつまでもいつまでも、
今と変わらず楽しく仲良く、
素敵な二人でいてねと、
心から願っています。

そして、また必ず遊びに行きます!

Congratulations !!!

IDEA FEVES
Takako Sugata

Special Thanks
photo by : Mr. Toyohiro Matsushima

ニューヨークで得たもの。

Posted on 2015/09/10 by ideafeves

Processed with VSCOcam with c1 preset

さぼりにさぼっていたBlogを久しぶりに再開です。

気がつけば9月も3分の1が過ぎようとしています。
昨年の今頃は、ニューヨークがまだまだ遠い夢の
ような出来事で、いまここでこうして生活している
ことなんて想像もできませんでした。

初めの頃は、ニューヨークでの生活や出来事、
出会ったものやいろんなことをブログで都度、
ご紹介するぞー!と、意気込んでいたものの、
あれよあれよと月日は過ぎるばかりで、
怠けてしまいました。。すみません。。

そして、あっという間に帰国まで
あと少しになりました。
想い描いていた通りかと言うと、
全く違うかもしれません。

だけど、想像もしていなかった
素晴らしい出逢いや発見、出来事が、
山ほどありました。

言葉では簡単に表すことが出来ないほど、
とても大切なものを沢山、本当にたくさん
得ることができたと心から思います。

ニューヨークの喧噪、景色、街並、空気、
そして人。

ここで出会ったかけがえのない人たち。
ニューヨークには世界中の国の人たちが
集まっています。国籍なんて全く関係なく、
100%言葉が通じなくても、わかり合える。
ここにいる人達は本当にみんな親切で、
心の素晴らしい人たちばかり。
そんな人たちとばかり出会えたのかもしれませんが、
どれだけ期間は短くても、気持ちが通じ合え、
一生付き合って行きたいと思える人と
沢山出会うことが
できたこの街に、
そして皆に、心から感謝しています。

 

幸せな時間を思う存分楽しませてもらいました。
またそれも、日本で支えてくれる人達がいるからだと、
今本当に思います。離れてみてわかったこと、
離れてみたから感じられたこと、
離れていても変わらないもの、
今までの人生で得られていたものを
強く実感できる時間でもありました。

つらつらと想いを綴りましたが、
いま、わたしは、帰国後、
仕事復帰できるかどうか不安で仕方ありません。笑
訛ったからだがちゃんと動くのか・・笑。

という心配をよそに、帰国が迫り、
なんだか遠い先のことのようだった来年の
お仕事の話も現実味が帯びてきて、
やるしかない状況になってきて、
やるしかありません。笑

こんなことを書いていると、
嫌なのかと思われそうですが、
そういうわけでは全くありません。

どちらかというと、
これまで自分の中で迷っていたことや、
探していたことも沢山ありましたが、
ここで見つけた答えを、
大好きなお仕事の場できちんと伝えて行きたい。
と、今は心から思います。

先日、久しぶりに仕事への(ウェディングに対する)
想いをお話する機会がありました。それも2回。
言葉に出して、人に伝えると改めて自分自身の想いや
考えを再認識することができるということを、
体感させていただきました。

今発売されている「ゼクシィPremier」に
ほんの小さな記事ですがご紹介いただいております。
お話したことがすべて掲載されている訳では無いのですが、
なにより想いを汲み取って下さり、一緒に結婚式について
沢山のお話を聞いて下さったことや、
ニューヨークと日本という時差もある中、
何度もご依頼下さったライターさんの気持ちが
とても嬉しかったものなので、
ぜひ読んで頂けたらと思います。

また、今月発売される「ELLE mariage」にも
ほんの少しご紹介いただけるので、
こちらもあわせてご覧頂けると嬉しいです^^

あと少し。
寂しさ半分、楽しみ半分、
残りのニューヨーク生活を満喫したいと思います◎

IMG_3880
IMG_3881
IMG_3882

IMG_3885
IMG_4323

 

+++

 

マンハッタンを眺めながら想うこと。

Posted on 2015/07/27 by ideafeves

IMG_5198

気づけば前回の投稿から2ヶ月もの月日が
経ってしまいました。

こんなにも時間が経っているなんて思っても
いなくて、自分でも少しびっくりです。

そして気づけば日本を出発してからあっという間に
6ヶ月が経ちました。ほんと、、あっという間。

自分の人生だからと、
これまでも好きなように生きてきましたが、
いろいろ考え悩みながらやってきたNYC。

ここでの生活にも慣れ、
今過ごしている毎日が、
日本で過ごしてきた長い長い人生と
何も変わらないように、
当たり前のように暮らしていますが、

今のここでの毎日がどれだけ幸せで、
素晴らしい経験が出来ているかと言うことを、
一生忘れてはいけないなと、今本当に思います。

地球はひとつ。
空は世界中つながっている。
言葉は違っても、国籍が違っても、
なに一つ変わらないものがあるということ。

ここに来た意味を、
たとえ誰にも理解されなかったとしても、
たとえ少し後悔することがあったとしても、
私にとって一生の宝物だと思える、
そんな時間を過ごしています。

人と人とが出会うこと。

私にとっての『生きる』意味は、
すべてここにあるような気がします。

この世の中には数えきれないくらい、
たくさんのたくさんの人が生きています。

その中で出会う人には必ず意味がある。
そんな気がする今日この頃。

あと少し。
もう少しだけ宝物を増やしてから、
日本に帰りたいと思います!

+++

ウェディングのもつ力。

Posted on 2015/05/19 by ideafeves

IMG_3602

ニューヨークに来て、もうすぐ4ヶ月が経ちます。

ここにやってきた時は、
今まで見たことも無い位の大雪と、
マイナス10℃以下が当たり前の毎日だったNYC。
ある日突然街から雪が消え、
半分以上雪で覆われていた道路がとても広かったんだと
知ったのは最近のこと。
と思えば、今では30℃近い日もあるくらい、
ニューヨークは既に夏を迎えています。

あっという間に過ぎた4か月。
お仕事もお休みを頂いてから、
早5ヶ月が経ちました。

ここへ来て、この10数年の間で初めてくらい、
ゆっくりとした自分の時間を過ごしています。

今では毎日がイベントのようなここNYC。
世界中の人が集まり、それぞれに夢や想いを持って、
ここへやってきているんだろうなと思います。

今では当たり前のように普通の日常を、
ただNYCという街で過ごしているだけ。
日本と何も変わらない。

そんな気さえしています。

だけど、ここはやはり世界の中心。
毎日毎日いろんなものが変化し続け、
前に前に進もうとしている人がわんさか
いるんだろうなと想います。

楽しもうと思えば、いくらでも楽しめる。
学ぼうと思えばいくらでもチャンスはある。

私自身いろんなことを考えながら、
時にはもがきながらこの4ヶ月を過ごしました。

基本的にどこでも生きていける性格の私は、
友達も沢山できて、好きな場所も増え、
毎日を楽しく過ごしています。

日中は語学学校に通っているのですが、
私の通うスクールには沢山の素晴らしい仕事を
持っている人がいます。
恐らく他の学校に比べて年齢層も高く、
良く聞く滞在するためにとりあえず学校に
在籍しているような人は殆んどおらず、
知る限り、誰もが仕事に活かすために真剣で、
本当に熱心に勉強に励んでいます。

スペイン、スイス、ロシア、フランス、
トルコ、ドイツ、コロンビア、ブラジル、チリ、
台湾、そしてお隣の韓国、他いろんな国の
友人がいますが、偶然にも多くがフリーランス
でお仕事をしていたり、
みんな素晴らしい仕事を持っています。
それも国も違えば、仕事のスタイルもさまざま。
本当に刺激的です。

ここへやってくる前は、
いろんな想いを抱えて期待いっぱい、
不安いっぱいでやってきました。

そして今、きっと想い描いていた毎日とは
ちょっと違うような気もしています。
どちらかというと、私自身の想いや気持ちが
変わったというべきか、固まったというべきか。

その大きな理由に、NYCにいる今もなお、
沢山のお客様からお問い合わせを頂きます。

中には日本を不在にしていることを
ご存知無い方ももちろんいらっしゃいますが、
今はNYCにいることをご理解の上で
お問合せを下さる方が殆どで、
これまでのブログを読んで共感してくださり、
ご自身の想い描く結婚式のスタイルなど、
沢山の想いを綴ったメールが届きます。

前のブログにも書きましたが、
こういうことも含め、
私は今すこし「ワークホリック」です。笑

それと共に、私のするべきこと、
これからしたいことがきちんと見えてきたように思います。

「ウェディングプランナー」という職業は、
ハッピーで素晴らしい仕事だと誰もが言ってくれます。
それは世界共通らしい。

それは、どこの国でも男性女性関係無く、
恐らく、、男性は日本の男性よりも他の国の方は
もう少しだけウェディングに対してしっかりと、
自分自身にとっても特別な日で、こうしたい、
ああしたいという想いを持っているようにも思います。

「ウェディング」という言葉は魔法のような気がします。
ここでは、はじめましての時に誰もが
「あなたは何を(仕事)しているの?」と聞きます。

「ウェディングプランナー」と言うだけで、
「ワオ!」と言われます。笑

それは特別な仕事と言うこともありますが、
殆どが幸せな仕事を持っているね!
と言ってくれます。
本当にそのとおり。

私がウェディングプランナーということで、
沢山の友人が自分の国ではこうだよとか、
その国で行われている素敵な結婚式のムービーを
見せてくれたり、NYCでこんなウェディングイベントが
今週あるのを見つけたよと調べてくれて、
さらには一緒に行こうと言ってくれたり。

いろんなことを考えると、
その背景には、みんなもそのウェディングの主役に
なるだろう、そしてなってきた人だから。
それだけ「ウェディングプランナー」に期待する
思いも大きいのだろうなとも実感しています。

そしてとても大切なことは、
「想い」だということも世界共通。

そんなことを改めて気づかせてもらえた
この数日。

秋には帰国し、また来年は日本で楽しく幸せに
お仕事を再開できる日を夢見ながら、
まだまだ沢山のことを吸収したいと思います。

+++

NYC LIFE vol.2

Posted on 2015/03/16 by ideafeves

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

学校がスタートして丸1ヶ月。
勉学に励んでいたら、前回のブログから
あっという間に丸1ヶ月が経ってしまいました。笑

気を取り直して。
BUSHWICKでの生活がスタートしてから早1ヶ月半。
今日はここBUSHWICKでの生活などを、
少し綴りたいと思います。

先週末くらいから一気に春らしい気候が
近づいてきたNYC。

2月初旬にスタートした新生活も慣れ、
学校生活も慣れ、私の一番苦手な早起きも
今では当たり前になりました。

毎日早起きしてお弁当を作っています。
私を知る人はきっと嘘だと思っている
ことと思いますが本当です。笑

慣れない早起きと、忘れてしまっていた学生生活、
いろんなことが今では当たり前の日常に
なりつつあります。

最初の2週間くらいは皆何を言っているのか、
さっぱり聞き取れず、撃沈の毎日でした(笑)。

本当に何の準備もせずに、ただただ人一倍の
行動力だけで来てしまったことに大反省。。

そんな日々を送りながらも、
毎日を楽しく過ごしています。

IMG_1138

IMG_1137

IMG_1228

私の住むBUSHWICK(ブシュウィック)の街並み。
ここは家のすぐ近くのいつも通る公園で、
お気に入りの場所。

いつもは休日の朝早くに歩くことが多いのですが、
先日学校帰りにちょうど夕焼けの時間と重なり、
また違う景色が見られました。

ここBUSHWICKはこの数年、BROOKLYNでも
急速に注目を集められている街だそう。
お隣のWilliamsburgの人気により、
若いクリエイターやアーティストが少しずつ、
移り住むようになり、ギャラリーやショップ、
こだわりのレストランなどが沢山あるみたいです。
私はまだまだ勉強不十分ですが、、
お隣の駅が一番熱い!らしく、
歩いても10分くらいなのでもう少し暖かくなったら
休日にいろいろ出かけてみようと思います。

今は休日はもっぱら大好きなWilliamsburgへ。
メトロでたった10分弱なので、
本当に良いところに住んでいます。

IMG_1223

IMG_1172

前回もご紹介したBAKERIが今一番のお気に入り。
小さな小さな店内ですが、ここでゆっくりと
くつろぐ時間がちょっとした贅沢。
カード社会のここNYCで、Cash Onlyというのも
またちょっと私の心をくすぐります。
ただ、、本当にお財布にお金が入っていないことも
しばしば。。。
せっかく行っておきながら現金を持って行くのを
忘れたという大失態もありました。。笑

IMG_1245

2週間前までは、吹雪きの日もごく当たり前。

IMG_1491

それでも、休日に大好きなお店へ。
辿り着くまでが必死。笑

IMG_1255

IMG_1490

外はこんな吹雪でも、
駅構内のホームでは誰かが必ずというくらい、
楽しい時間を提供してくれるここNYC。

IMG_1237

・・・

IMG_1493

IMG_1356

IMG_1357

これまでの人生で初めての雪国暮らし。
先週、ここへきて初めて、とうとう本格的な
風邪を引いてしまいました。
泣く泣く学校もお休みをして、少し休養。
クシャミがとまらず、ティッシュケースも
あっという間に1箱使い切り。

外は手袋をしていても凍傷になりそうな寒さですが、
これからの私の人生で同じこの景色を見れること、
この景色の中での生活をすることは、もう二度と無いと
思うと、これもまた貴重な良い経験だと感じます。
なんて素敵なことを書いてはみたけど、
このときはさすがに引くわ!!!って思う寒さでした。笑

ここで、最近知ったアメリカのクシャミ事情をひとつ。
誰かがクシャミをすると必ず誰かが「Bless you!」と言う。
もちろん、知らない人でも。
駅のホームやレジで待っている時、電車の中、どこでも。
初めて言われたときは、「フレンドリーな人が、
何か言ってくれている」位にしか思っていませんでした。
ここアメリカでは、
くしゃみをするとその人を護っている守護天使も
一緒に飛ばされてしまうと考えられていて、
その隙に悪いものに取り付かれないように、
「神様がお護りくださいますように!(May God bless you!)」
と、周りの人が言ってあげるんだそうです。
省略してGod bless you!
さらに省略してBless you!と殆んどの人が言うようです。

今では私もすぐにThank youと言えるようになりました◎

もうひとつ、ここニューヨークでの「Manhattan;マンハッタン」
の発音事情(笑)はまた次回・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
先週のセントラルパーク。
このときはまだまだ残っていた雪ですが、
そんな街も徐々に雪解けがやってきました。

今日はもうどこにも雪はみられません。
昨日の雨で一気に雪が街から消え去ったようです。

IMG_1486

NYCにも春が近づいてきました。
といってもまだまだマイナスの気温の日もありますが。。
あと半月で4月。とても楽しみです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次回は、学校生活のこと、
そして先日訪れた大好きな場所での出来事などを、
綴れたらな〜〜と思います。

+++

1 / 212

CALENDAR

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

CATEGORY

ARCHIVE