TOP > BLOG

BLOGブログ

Seul × CASO WEDDING ドレス撮影会のご案内

Posted on 2022/07/05 by ideafeves

 

Seul × CASO wedding
wedding photography event


7月30日(土)・31日(日)の2日間、
ウェディングドレスのブランド
Seulと共に撮影会を開催いたします。

CASO weddingの舞台である
真っ白なスペースを彩り、
この日だけの特別な空間をご用意し、
Seulのドレスを身に纏ったお二人の
幸せなひとときを撮影いたします。

人生の中で最も美しい1日を過ごしてほしい
という願いを込めて作られるSeulのドレス。
優艶で繊細なその佇まいには、
着る人も見る人も心惹かれます。
フォトウェディングとしてはもちろん、
前撮りやご出産前に、
また新しいご家族との思い出の一枚を
写真に残しませんか?

ご参加お待ちしております。

 

 

| 日時 | 

7月30日(土)13:00~18:00 
7月31日(日)10:00~18:00
所要時間 約120分


| 場所 |
SEASIDE STUDIO CASO
大阪府大阪市港区海岸通2丁目7-23
地下鉄中央線「大阪港」駅徒歩7分

 

| 料金 |

77,000円(tax in)〜

 

| 内容 |

・ウェディングドレス1着
 ※お選びのドレスにより最大22,000円追加となります。
 ※お選びのドレスによりブライダルインナー(1,100円)が必要です。

・写真撮影 (納品データ約20カット)
・ヘアメイク

 ※時間内にヘアセットとポイントメイクをさせていただきますが、
フルメイクをご希望の方は+5,000円にてご案内可能です

・ヘッドアクセサリー&アーティフィシャルブーケ

 ※同時開催イベントのワークショップにて、
ご自身でブーケを作ることも可能です。

・貸出用シューズ
 ※ご希望の方はご自身のシューズをご用意ください。
 ※新郎さまの衣装は含まれません。

 当日はお気に入りの衣装でお越しください。

 なお、ご希望の方はアドバイスも可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

| 予約方法 | 

お名前・電話番号・メールアドレス・
ご希望日程・ご希望時間帯(① – ⑤)を明記いただき、
info@casowedding.jpまでご連絡ください。

– 時間帯 –
①10:00 – ※31日のみ
②11:30 – ※31日のみ 

③13:00 – 

④14:30 –
⑤16:00 –

| Seul | @seul_dress |
Seulのウエディングドレスは
手作業で、ひと針ひと針、
丁寧にお仕立てしております 。

とても繊細なドレスのデザイン。
微妙に異なる生地の色味や、厚み、
柔らかさ、質感。

 

重ねる枚数や、下地に使う生地との
組み合わせのバランスなどでも、
細かなニュアンスが変わります。

より美しく見えるように、
シルエットを何度も調整し、
完成する1着のドレス。

 

“人生の中で、最も美しい一日を、
そしてその先の日々を。
想いを込めたウエディングドレスで
後押ししたい “という想いで制作しております。


– CASO wedding 相談会 –
当日はCASO wedding 相談会も開催いたします。
真っ白なCASOをキャンパスに、
ウェディングという概念に囚われない、
二人の思い描く1日を叶えてみませんか?
ご検討中の方はメールにてお問合せください。

 

 

| お問い合わせ |

CASO wedding
info@casowedding.jp

/

 

いつも沢山のウェディングプランニングの
お問合せをいただき、心より感謝しております。

改めて、今後のウェディングプロデュースに
つきまして、皆様にご案内申し上げます。

 

これまで兵庫・東京を拠点に、
全国各地でのウェディングプランニングを
お手伝いさせていただいてまいりましたが、
これからは大阪(大阪港)にございます
元現代アートギャラリーであり、
現在はアートスタジオとして運営されている
SEA SIDE STUDIO CASO をウェディング会場とした
「CASO WEDDING」のプロデュースに専念し、
こちらでのウェディングを全面的に手がけて
参りたいと思っております。

 

フリーランスウェディングプランナーとして
独立してから10年と少しが経ちました。
これまで本当に沢山の新郎新婦の皆様と出会い、
日本各地いろんな土地で数々のウェディングに
携わらせていただき、幸せな経験を沢山、
本当にいっぱいいっぱいさせていただきました。

 

フリーランスプランナーになり、
最初にお問合せをしてくれたのは
インターナショナルカップルのお二人でした。
フリーランスとして実績の無い私に
迷いなく任せてくれたあの時から今まで、
関西、関東はもちろん、北は宮城県、
南は沖縄、九州は熊本と本当に沢山の
場所に呼んでいただき、
幸せな想い出が山ほどあります。

 

昔は虫が嫌いで小さなハエでさえ
ギャーギャー言っていた私を、
山奥のキャンプ場へと導いてくれた
新郎新婦のお二人や、教科書ではなく
アメリカ本場のウェディングを学ばなければ
と留学を決意させてくれた新郎新婦のお二人、
打合せ毎に好きなレストランに連れて行ってくれたり、
毎回一緒にお酒を飲みながら打合せをしたお二人
(いいのかどうなのかは分かりませんが、笑)、
数えきれない経験をさせてもらい、
スタートする前に想い描いていた何倍も
幸せな経験をさせてもらい、
10年という歳月を過ごすことができました。

 

そして、私の中ではまた一つの夢が叶い、
新しいチャレンジをさせていただいています。

 

遡ること6年前、
私自身が結婚式を挙げた大切な場所。
大好きな場所のウェディングプロデュースを
全て任せていただくことになり、
当面は専念してまいりたいと思っております。

 

今までの「会場を一緒に探すところから」
というプロデュースから180度異なり、
会場を絞り一つの結婚式場を創り上げる
ことは「フリーランスプランナー」と
呼ばないのでは?というお声もありました。

 

正直、私にとってフリーランスや
フリーランスと呼ぶか呼ばないかなどは
あまり重要ではありません。

 

フリーランスプランナーと呼んでくだされば
私はそうであると思い、CASO WEDDINGの
プランナーと呼んでくださればそれが正しい
と思っています。

 

私にとって今一番大切なことは、
私が心から愛してやまない場所、
大好きな大切な空間を沢山の方に
結婚式の場として提供できること。
そのお手伝いができることを、
本当に嬉しく思っています。

 

これまでいろんな場所で
素敵な結婚式に携わらせていただき、
それぞれの新郎新婦様にとっての一日があり、
それがどこでもどんな場所でも変わりはないと
思ってきました。実際、今でも思っています。

 

ただ、今は素直に私自身が好きな場所、
私自身が心の底から感じた幸せを
同じ気持ちを味わって欲しい、
この空間で大切な一日を目一杯楽しんで
過ごして欲しいという想いを込めて、
「CASO WEDDING」の結婚式を全力で
手掛けてまいりたいと思っています。

 

まだまだ他会場をはじめ、
アウトドアウェディングなど
沢山のお問合せを頂戴し感謝しております。
来年度からのウェディングにつきましては、
現時点では一旦お断りをさせて頂いている
現状です。

 

情報が行き届いていないため、
一度はお問合せを下さったりと、
お手数をお掛けしてしまうことが多々
ありましたことをお詫び申し上げます。

 

今後はぜひ
「CASO WEDDING」にご興味を持って
いただけたら嬉しく思います。

 

そして、皆様に応援していただけたら幸いです。

 

IDEA FEVES
菅田 貴子

 

 

CASO WEDDING

– info –

会場見学&相談会のご案内

5/3 tue – 4 wed (public holiday)
11:00 14:00 17:00

 

URL/
casowedding.net

INSTAGRAM/
www.instagram.com/caso_wedding/

MAIL/
info@casowedding.jp

 

決意表明?

Posted on 2022/04/12 by ideafeves

またとっても久しぶりになってしまった
ブログを書いています。

つい先日、今年に入ったばかりのような
気持ちでいたのに気づけばもう4月も半ば。

今年やりたいこと、目標がたくさんあるのに
既に降参気味です。笑

その一つがこのブログでもありますが、
いつも頭の片隅に追いやって
放置してしまっていましたが、
ウェディングプランナー講座を
受講して下さっている生徒さん方から
背中を押され、久しぶりに綴りたくなりました。

現在、ウェディングプランナーレッスンを
受講してくださっている方の内2名の方が
同じようにずっと前からこのブログを
読んでくださっていて、それがきっかけで
プランナーになりたいと思い転職をし、
現在ウェディングプランナーをされています。

自慢のように聞こえますね。笑

それでもそんな風に知らないところで
誰かの人生に携われていることや、
少しでも力になれていることを
心底幸せに思います。

レッスンをしながら生徒さんそれぞれと
いろいろなお話をしながら、
私自身も沢山の学びや原点に戻る時間を
与えてもらっている気がします。

今日の議題は「コンセプト」について。
沢山のお話をお互いにし合いました。

レッスンはもちろん、
お客様のウェディングプランニングも
あくまでも私のやり方にすぎません。

だから正解や不正解があるわけでは
決してないのですが、
私の全てを伝授できたらという思いで
レッスンを行なっています。

最近、取材などしていただいたりと
お仕事の話をする機会がとても多く、
改めて私自身のウェディングプランナー
としての想いや結婚式にかける想い、
そして大切なことや未来についてなど
考える時間が溢れるほどありました。

少し前、
もうウェディングプランナーはやりきった!
と豪語していましたが、私はやっぱりまだ
プランナーとして生き続けたいのだと思います。
十分すぎるほど沢山の幸せな時間を与えてもらい
贅沢だけれど、まだもう少しこの幸せを感じ続け
られたらいいなと思っています。

なんだか決意表明みたいになってしまいました。笑
関係者の皆さんもまだもう少しの間、
お力を貸してもらえると嬉しいです!

2022.4.12
IDEA FEVES
TAKAKO SUGATA

2022年がスタートし、
あっという間に1ヶ月が経ちました。

今日から2月の始まりです。

2月になると既に春のウェディングが
すぐそこまでやってきているような
そんなワクワクした気持ちになります。

同時に忙しい日々の始まりを
知らせるようで、
少しの緊張感がやってきます。

今年も昨年、一昨年に引き続き、
まだまだ安心できない日々ではありますが、
少しずつでも結婚式が当たり前にやってくる
幸せな世の中に戻ってほしいと
切に願いながら、
今年も沢山の新郎新婦の方々の
幸せな一日がやってくることを祈っています。

さて、2022年最初の講座のご案内となります。

この2年、コロナ禍と共にウェディング業界は
ガラッと変わってしまいました。

これまで約20年ウェディングに携わり、
想像もしてこなかったことが起こり、
私自身もたくさん辛い経験をしました。

当たり前のようにやってくるはずの
「結婚式当日」を迎えることができない、
直前まで努力して準備を整え、
迎えた1週間前に延期を決めなければならない
新郎新婦の二人の姿をこれまで
想像もしたことがありませんでした。

長年ウェディングプランナーをしてきて、
自身がこんなにも無力なんだと
感じたことはなかったかも知れません。

一番辛いはずの新郎新婦のお二人から
「ご迷惑をかけてごめんなさい」
「すぐに決められなくてすみません」
など、沢山の気遣いの言葉を聞きました。
その度に更に悲しい気持ちになり、
今では何度そんな経験をしただろうと、
分からなくなるほどです。

この世の中の大きな課題の答えは
まだまだ見つかってはいませんが、
少しずつでも元に戻る日が来ることを、
その時には今まで以上に笑って過ごせる
より良い世の中になっていることを
願うばかりです。

そして私がこの2年間を通じて、
これまでどれ程の幸せと生きがいを
「結婚式」というものに与えて貰って
いたのかということを改めて実感しました。

新郎新婦様との出逢い、
そこから繋がるたくさんの出逢い、
想像もできなかった素晴らしい経験、
ウェディングプランナーをしていなければ
私の人生はこんな幸せを感じられただろうかと、
今の半分くらいは充実できただろうか?
と考える時があります。

私は私と同じ想いをもっともっと沢山の
ウェディングプランナーの方々に
味わってもらいたい。
この幸せを感じ、経験してもらいたいと、
心底感じています。

長くウェディングプランナーを
してきた私にとって、
それが今の夢でもあります。

私が学んできたこと、
培ってきたことと同じくらい、
今のウェディングプランナーの
皆様にも知ってもらいたい、
学んでもらいたい、そう願っています。

そんなことをひたすら考えながら、
今まで以上に ” 伝えていく” ことに
力を入れていきたいと考えています。

昨年までは、経験者の方を対象に、
フリーランスプランナーを目指す方、
既にフリーランスとして活動されている方
を優先にレッスンを開講させて
いただいておりました。

今年はご希望もあり、少し幅を広げて
これからウェディングプランナーを目指す方、
会場に所属しながらもプランニング、セールス等
スキルアップを目指したい方なども含め、
学びたいと思ってくださる方々皆様を対象に
募集をしたいと思っております。

尚、今回の目的の一つでもありますが、
受講後にはideafeves & casowedding の
現場でも研修していただきながら学び、
更にはその後には共に創り上げてくださる方も
併せて募集を検討しております。

応募要項をしっかりとご確認の上、
ぜひお問合せくださいませ。

_________________________________________________________

01. フリーランスウェディングプランナー特別講座
/ 経験者のみ

これからフリーランスウェディングプランナーを
目指す方に向けた講座です。
フリーランスプランナーと会場プランナーとの
仕事の幅の違いなどを踏まえながら、
独立されるまでに学んで置くべきことなどを、
それぞれのスキルに合わせてお伝えし、
学んでいただける講座です。

また受講生としては既にフリーランスの方も多く、
実際の活動に併せ、学びたい内容でそれぞれの
カリキュラムをご用意いたします。

各120分 / 全5回 ¥90,000

02. セールススキルアップ講座
or プランニングスキルアップ講座
/ 現役ウェディングプランナーのみ

成約率向上を図るために特化したレッスンです。

各120分 / 全5回 ¥75,000

03. ウェディングプランナー入門講座

ウェディングプランナーを目指す方の為の
基礎知識を養っていただく講座です。
別のお仕事をしながら転職を希望される方、
ウェディングプランナーを目指す学生の方などを
対象にした講座です。

各120分 / 全5回 ¥90,000

上記より詳しくはホームページの

PRODUCEページをご覧の上、
ご検討くださいませ。

ご希望の方は件名に「フリーランスプランナー講座希望」
とご記入の上、ご応募ください。

応募先:
info@ideafeves.com

_________________________________________________________

私がこの20年間で得た素晴らしい想いを、
もっともっと沢山のウェディングプランナーの皆さんに
味わって頂けるよう伝えていきたいと思っています。

そして、これからのウェディングの未来を
託せられたらと願っています。

素敵な出逢いがありますように。

 

IDEA FEVES
菅田 貴子

_

 

RYO & YAYOI WEDDING

Posted on 2021/08/26 by ideafeves

 

この日を迎えられたことを、
本当に嬉しく思います。

長い長い道のりでした。

一緒に準備した1年と少し、
あともう少しというところで
結婚式直前に延期を余儀なくされたこと。

そして2度目の延期で更に1年の延長を
決断されたこと。

辛さも悲しさも、そして悔しさも、
きっと私の想像以上であるはずなのに

「あと1年、菅田さんと一緒に
過ごせる日が伸びたことが嬉しいです。」

そう言ってくれたことを思い出します。

そんな言葉を伝えてくれるところが
本当にお二人らしくて、
大切な日を任せてくださったこと、
一緒に過ごせたことを 心から幸せに思います。

おふたりの結婚式のテーマは「まる」。

そこには

“ ふたりが辿ってきたこれまでと、
これから描く未来 ”

という想いが込められています。

 

いつも二人の間には
やさしい時間が流れていて、
穏やかでとてもあたたかくて、
そんな二人の描く未来が
私は楽しみで仕方ありません。

 

迎えた結婚式当日は
スタッフという立場でありながらも、
なんだか待ちわびた家族の結婚式を
やっと迎えられたような気持ちで、
胸が熱くなりました。

初夏の陽射しが差し込む
あたたかい やさしい一日でした。

 

 

大学一年生の時からのお付き合いで

もう10年にもなるというおふたり。
長い年月を一緒に過ごし、
お互いを知り尽くしていながらも
いつも初々しくて、
仲の良い本当にお似合いの
RYOさんとYAYOIさん。

お二人とも長い準備期間を経て
やっとの想いで迎えた当日。

ファーストミートに私もドキドキしました。

準備期間中の1ヶ月間、

デザイナーのkamigotoさんの指示で
毎日描き続けた◯。

それが形となって、
SAVE THE DATE(写真下左)から始まり
2回分の招待状がゲストの皆さまの手元に
届けられました。

ご親族との結婚式

ご友人との結婚式

二部制で行われたお二人の大切な一日。

お二人の結婚式は、
派手な演出や余興などははじめから
一切考えてなく、ただただ大切な方々と
ゆっくりお食事を囲み、一緒にその日を
過ごしたいとご準備を進められていました。

その中でもふたりが一生懸命
時間をかけて準備してこられた
数々のペーパーアイテムや、
ゲスト一人一人に選びご用意した
ギフトや、コーディネートなど。

更には、
「結婚式で何かは自分の文字で…」と、
文字を整えるお稽古にも通い、
とても楽しみながらも時間をかけて、
結婚式のご準備を進めていたYAYOIさん。

想い描いていた通りの一日であったなら
嬉しいなと思います。


 


長い準備期間を一緒に過ごした分、

お二人のことやご家族のこと、
それぞれの仕事や趣味、
日々のお食事の話など
本当にいろいろなお話をしました。

お二人のことを知り、
ご家族やご親族のことを知り、
その上で迎える当日は
はじめましてのご両親やご兄弟、
そして従姉妹さんまでもが
前から知っていたかのような気さえして、
お会いできたことだけでも
嬉しい気持ちになりました。

そして一昨年の秋に前撮り撮影で
一日ご一緒したYAYOIさんのご両親とは、
待ちに待った再会ができたことが
本当に本当に嬉しかったです。





挙式で号泣されたRYOさん。

その涙がとても素敵で、
心温まるお式になったことは
この場にいた全ての方が
感じられたことと思います。


YAYOIさんが一目惚れされて
購入したというヴェール。
ずっとずっとご自宅で温めていたうちの一つ。

ドレスはもちろん、
とてもよくお似合いで
本当に可愛かった♡



いつも気持ちをまっすぐに
言葉で伝えてくれるふたり。

パーティー中も
一皿一皿お料理が出てくるたびに
こんな嬉しそうな満面の笑顔で
喜んでいて、それをみている方が
幸せな気持ちになりました。

この日お料理を手掛けてくれた
MAHO-ROBAさんも
テーマの「まる」にちなんだ
お料理の数々をご用意してくれて、
いつも以上に美味しそうで、
見た目も楽しませてもらえました♪

お色直しで着用されたカラードレスは、
YAYOIさんのお祖母様のもの。

美容関係のお仕事を営んで
いらっしゃったお祖母様が、
大切に保管されていたドレスの中から
「これを着なさい」と選んでくれたという1着。

打合せ期間中、幾度となくお話を伺っていた
とても大きな存在だというお祖母様。
今回参加が叶わなかったけれど、
きっとこの日をずっと想い描いて
いらっしゃったんだろうなと想像すると、
胸が熱くなります。
私もお会いしてみたかったな。

パーティーのラストに、
YAYOIさんだけでなくRYOさんから
ご両親へ向けてのお手紙も読まれました。

お手紙は花嫁が読むもの。
そんなことが日本の結婚式では
しきたりのように当たり前のように
なっているけれど、
ご両親への感謝の気持ちを言葉で
伝えるのにルールなんてなければ、
お手紙をもらって嬉しくない
ご両親なんていない。

私はいつも全てのご新郎が
お手紙を読めばいいのにと思うのです。
もちろんお手紙でなくても言葉で伝える
だけでもなんでもいい。

RYOさんにはRYOさんの、
YAYOIさんにはYAYOIさんの、
それぞれご家族との大切な思い出や
沢山の記憶と共に、ご両親への感謝の
気持ちが伝えられました。

とてもとても嬉しかったと思います。
こうして綴りながらも、
お二人のお手紙を思い出しながら
涙が出てきます。

私も親になってから感じるのですが、
どれだけ一生懸命育てても
それが正解かどうかもわからない。
どんな風に大きくなるのか、
どんなお友達ができるのか、
どんな人と巡り合うのか。

どれだけ大切に育てているつもりでも、
子供の人生は子供のものだから、
少し大きくなってからは見守るしかない。
まだまだ我が子は小さいけれど、
いつの日か大きくなる頃には
離れていくんだろうと想像します。

我が子が人に愛される人であればいいなと、
やさしい人になってくれたらいいなと、
大きな怪我や病気をしないでいてくれたら
それだけでいいと思いつつも
欲は考え出したらキリがない。

それでも、我が子がお二人みたいに
優しく育ってくれたらいいなと思います。
RYOさんとYAYOIさんのように
温かい心を持った大人になってくれたらと。

ご両親にとっては自慢の息子と娘であり、
素敵なご両親だからこそのことなんだと
つくづく感じました。
機会があれば、またご家族の皆さんにも会いたいです。

穏やかでとても温かいパーティーでした。

ご親族とのご結婚式が終えて、
第二部のご友人とのウェディングパーティー
が続きました。

同じ場所、同じ空間でありながらも
少しずつコーディネートも変えて、
ご友人の皆さんが楽しめるようにと
考え準備した遊びもたくさん。



約2年半あたためてきた1日が終わりました。

この日のためにたくさんたくさん準備をして
迎えた一日。

長い長い一日が、きっとお二人にとっては
数時間、数十分のことのように
あっという間だったはず。

想像していた一日だったりいいなと、
想像いていた以上の一日になっていたら
いいなと心から願います。

お二人にとっての2年半という歳月を
一緒に過ごすことができたこと、
その間にお二人の人柄に触れ、
たくさん癒してもらいました。

思えばはじめましての頃、
ご親族のご結婚披露宴は別の場所で
既に決まっていてご友人のパーティーのみ
ご相談に来てくださったこと。
(私はすっかり忘れてしまっていましたが;笑)

数ヶ月経った頃、
決まっていた会場をキャンセルしても
ご親族の披露宴も一緒にお願いしたいと
お電話くださったこと。

それがあって、お二人の大切なご家族の皆さんにも
お会いできて想い出を共有できたこと。

ここに綴るには全く足りないくらい、
感謝の気持ちでいっぱいです。

愛くるしくて、人懐っこくて、
可愛い弟と妹のようなお二人。

ご結婚式は終えてしまったけれど、
これから何年経ってもずっとずっと
ご縁が続くことを楽しみにしています。

ずっとずっとお幸せに♡

HAVE A WONDERFUL MARRIED LIFE  !!

 

1 / 10712345...102030...最後 »

CALENDAR

2022年12月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

CATEGORY

ARCHIVE