Masaya & Emiko – Untitled –

Posted on 2019/02/13 by ideafeves


お二人との出会いはNYでした。

留学をしていた頃、
同じアパートに住んでいたのが
MasayaさんとEmikoさんでした。

あの時は、こんな日が来るなんて
想像もしていなかった。

あれから数年経ち、
アメリカで入籍されたご報告と共に、
日本での結婚式を、
ふたりの大切な1日を
任せたいと言ってくれたこと。

そして、その素晴らしい1日を
こうして一緒に過ごせたこと。

二人と出会い、
人との出会いや繋がり、
その大切さを改めて、
改めて感じました。

そんなふたりの結婚式。

何から綴ろうかと悩みすぎて、
あれからあっという間に
2ヶ月以上が経ちました。

あの日見た景色、
あの日感じた想いは、
本当に特別で、
きっと何年経っても
忘れることのできない
素敵な素敵な1日でした。

NYでアーティストとして活躍する
新郎Masayaさん

熱い熱い熱い心の持ち主で、
内面だけでなく、その熱さがもう
外面にも漏れてしまっている。
と、私は思っています。笑

一つ一つ、とても真剣で、
いろんなことへの「想い」が
抱えきれないほどあるのだろうと、
感じるMasayaさん。

私のMasayaさんの印象は、
とてもフレンドリーで、
人懐っこい人。
そして、やっぱり一番は、
想いの熱い人。

結婚式当日、会場に飾られた
Masayaさんの作品の数々から、
Artを通して「人」に対する
温かさ、想いの深さなどを
感じられたように思います。

その隣に、新婦Emikoさん。
とにかくいつも本当に明るくて、
テキパキとなんでもさらっとこなし、
仕事ができる人とはきっと
この人のことを言うんだろうと、
感じる ‘ できる ‘ 女性。

その上とても温かくて、
周りにいる人を本当に大切にしていて、
いつも言葉の端々からそれが伝わってくる、
そんなEmikoさんからは、
人として学ぶことが沢山たくさん、
本当に数え切れないほど、
山ほどありました。

結婚式を考えた時、
できる限り、周りにいる自分たちの
大切な友人や仲間たちと一緒に、
ふたりの結婚式を作り上げられたら嬉しい。
と、話してくれた始まり。

当日は、まさに沢山のご友人たちが、
日本各地から、またNYからも集まり、
皆さんの力を借りて、会場だけでなく、
この1日全てが出来上がったのだと、
今心から想います。

涙もろく、
もうずっとずっと
泣いていたように思います。

ウェイティングルームには、
新郎Masayaさんが描かれた
数々の作品がディスプレイされました。

とてもかっこよくて、
そして心が温かくなる絵ばかり。

Artは見る人それぞれによって、
感じ方も違えば、
書き手の想いやその意図などを
想像することもとても楽しい。

あの日、あの空間は、
間違いなくとても温かくて、
そこに集まった全ての人が、
とても幸せな気持ちになれた、
そんな作品ばかりだったと、
そう、私は思うのです。

新郎MasayaさんがEmikoさんのご両親へ
初めてご挨拶に伺った日。

アーティストとして未熟な自分が
何を言われても仕方がないと思っていたのに、
お父様から出てきた言葉は
思ってもいなかったことだったと、
話してくれました。

「Masayaくんは、
好きなだけ思う存分絵を描きなさい。
旦那ひとり食べさせる位できる
娘に育てたつもりですから。」と。

それを聞いた時、
EmikoさんがEmikoさんであることが、
本当にわかった気がしました。

素敵なご両親の元、生まれ育ち、
Emikoさんという素敵な女性が
ここにいるんだと。

そしてまた、
その時その言葉の奥にある想いを
強く感じたと言うMasayaさん。

きっとそんなMasayaさんだからこそ、
お父様も温かく、大切なEmikoさんを
託す気持ちになられたことは、
言うまでもないかもしれません。

このお話を以前話してくれた時、
Emikoさんは相変わらず笑いながら

「勝手なこと言って!と思ったけど(笑)」
と。

ご両家とも、本当に素敵なご家族だな〜と、
この1日を通して何度感じたことかな。

本当によく笑い、よく泣いた
大忙しだった1日。

Artを通じ出会ったふたり。

そんなふたりが
結婚式につけた題は

「Untitled」

//

人との出会いや繋がりを大切に
生きてきたふたり。
いつも人に助けられ歩んできた人生。
自分たちだけでは乗り越えられ
なかったことも、そこにみんなが
いたから登れた1歩もある。

//

ふたりが第一歩を踏みだす日。
ふたりの出会いのきっかけでもあり、
これからも一緒に生きていく
Artを作る過程のように、
いろんな色を重ねて作り上げる1日に。

そんな想いを込めて、
当日は真っ白なキャンバスに、
ゲスト一人一人に色を足してもらい、
みんなの色が合わさって、
少しずつ出来上がっていく絵のように、
会場が完成していきました。

想像を超え、
楽しく、面白く、
とても素敵な光景でした。

フリーランスプランナーとしての
スキルを学ぶために訪れたNY。

同じ街に住み、
同じ景色を見ていたふたり。

そして、今もこれからもそこで
暮らしていくふたり。

私にとっても大好きな、
たくさんの影響を与えてくれた街。

そのNYが私にくれた宝物。

二人と話をしていると、
普段ちょっと感じる悩みや
些細なことは本当にちっぽけで、
世界は広くとても大きくて、
そして未来は自分で変えられる。

人生1度きり。

そう、感じるのです。

NYという街が私にくれた
素晴らしい縁。

大好きな二人の大切な1日を、
ウェディングプランナーとして
一緒に立ち会えたことを、
本当に嬉しく、心から幸せに思います。

 

いつまでもいつまでも、
今と変わらず楽しく仲良く、
素敵な二人でいてねと、
心から願っています。

そして、また必ず遊びに行きます!

Congratulations !!!

IDEA FEVES
Takako Sugata

Special Thanks
photo by : Mr. Toyohiro Matsushima

決断。

Posted on 2019/01/28 by ideafeves

気づけばもう1月が終えようとしています。
冬生まれのくせに、以前は好きじゃなかった冬。
ここ数年は夏より冬派になった私。

モットーは、寒ければ「走ればいい!」
冬はカイロもあるし、手袋もあるし、
たくさん着ればいいし、
なんといっても走れば暑くなる。

そんな原始的な方法で十分乗り越えられる
ようになった冬。

それは確実に、
あのマイナス16度という気温の
ニューヨークでの生活を経験して、
何事も気持ち次第ということを学んだから。

思えばちょうど4年前の今日、
ドキドキとワクワクと不安を抱えて、
旅立ったことをふと思い出しました。

今朝、嵐の活動休止のnewsに衝撃を
受けつつ、その決断とみんなの心境を
勝手に想像している私です。
勝手すぎて、きっと何一つ
正解しないんだろうけど。笑

「決断」
とても難しく、容易ではないけれど、
その先に必ず未来がある。
私はいつもそう思い、いろんな決断を
してきたけれど、ここ数年はなかなかいろんな
ことを考えては慎重になってきた気がします。

大人になったんです。
とでもいっておけば、
立派な言い訳になるかな?笑

来年はidea feves10周年。

何か決断することが出てくるのか、
どうかはまだまだわかりませんが、
今年も来年も、そして数年先も、
「ウェディングプランナーでいる」
という決断をしていたいなと強く思う、
今日この頃です。
.

photo : 4年前の今日、ニューヨークにて。



想いを伝えるということ。

Posted on 2019/01/26 by ideafeves

先日、ある人の記事を読みました。

そこに綴られていたことは、
今の私にはとても心に刺さり、
気づかせてもらえる事が沢山ありました。
同時に、ハッとさせられたものでもありました。

その一つに書かれていたことが、

///

『私の想っていること、
考えていることを人に伝えたい。』
と昔はずっと想っていた。
だから、どれだけ忙しくても、
今は書く人になれているんだから、
とても幸せだ。

///

と、綴られていました。

ご自身のことを綴られている記事の中に、
たくさんの想いを感じ、他にも共感する内容が
多々ありましたが、私は私の視点で、
その言葉がストンと心に響きました。

私はいつも、
私が結婚式を通して感じた想い、
見たこと、体感したこと、
そして新郎新婦おふたりへの想いなど、
なかなか沢山の人に直接言葉では伝えられないことを、
こうしてblogを通して伝えられることに
とても意味を感じています。

正直、どちらかというと以前は
書くことがとても苦手で、
うまく伝えられているか不安でした。

それが、
一生懸命書いたBlogを読んで
感想を伝えてくれる人がいて、
Blogをずっと読んでいると
言ってくれる人がいて、
もうそれだけでとてもとても
幸せな気分になりました。

今では本当に年に数回、
ウェディングレポートを更新するだけに
なってしまっているにもかかわらず、
それを読んでは「泣いた!」
と連絡を貰ったり。

先日はひとりの新婦さんから、
「私はblogを読んだというより、
菅田さんからお手紙を貰った気持ちです。」
と言ってくださり、
本当に本当に嬉しかったです。

その反面、しっかりと書かなきゃ!
という想いが強くなりすぎて、
なかなか時間や気持ちとの戦いで、
最近はますます遠のいて
しまっていたのが現状でした。

そんな時に出会ったひとりの女性のblogは、
毎日とても短いけれど、想いのこもった、
いろんな気持ちが伝わってくる、
とても温かいものでした。

そしてそこに書かれていた
「想いを伝えたい。」ということ。

とてもシンプルな言葉だけれど、
ものすごく力強く感じ、
また、私も同じなのだと思いました。

私は、素晴らしい結婚式を目の前にして、
その新郎新婦さんの幸せそうな顔だったり、
楽しかったという言葉だったり、
ご両親との会話だったり、
また列席の皆さんとの出会いだったり。
いろんな素敵な出来事を肌で感じ、
その感じた想いを沢山の人に伝えたい
と、いつも思うのです。
そして、同じように幸せな気持ちを
分け与えられたらいいなと思うのです。

いつからか、とても力みすぎていたのか、
気軽に綴ることを辞めてしまっていた
このBlogを、また少しずつ、日常や、
他愛もないことなども綴っていけたらなと
思っています。

こんなに意気込んで宣言のように
書いているあたり力んでるように
自分でも思うのですが(笑)



 

Wataru & Junko – no you no life –

Posted on 2019/01/15 by ideafeves

とても気持ちのよい秋晴れの日。

奈良の生駒山の麓、
緑豊かな自然に囲まれたこの場所で、
ふたりの結婚式が執り行われました。

この日を迎えるまでに、
ふたりがどれだけ頑張ってきたか、
大勢のゲストを迎えるために、
みんなに喜んでもらうために、
どれだけ沢山の準備を重ねてきたかを
見てきました。

何度となく重ねたお打合せの中で、
時には不安でいっぱいが伝わってくる
時期もありました。

忙しく働く日々の中で、
二人にとって大切な一日となる
その日を迎えるために、
時には涙しながらも、
一生懸命準備を進め、
迎えられた結婚式。

きっとその努力の全てが報われた、
あの頑張りが何倍にもなって返ってきた、
思い描いていた以上の幸せな日だったのでは
無いかな?と思える、素敵な素敵な1日でした。

結婚式前日。
そこには20名ものご友人が、
ふたりのために集まり、
自分の事のように一生懸命、
準備をされる姿がありました。
そして、そこにはご家族の姿も。

その光景を見ているだけで、
あぁ、きっとふたりの結婚式は
とても素敵な一日になるんだろうなと、
心から感じ、少し早いけれど、
既に感極まるものがありました。

ふたりの周りにはこんなにも
素敵な人がいっぱいいて、
このふたりだからこそだと納得して、
そんな結婚式に関わり、
ご一緒できる幸せを
心から感じた前日でした。

迎えた当日、
想像を超える幸せな時間が流れたことは、
きっと言うまでも無いのだろうと思います。

感情豊かで、人想いで、
とても熱い心を持ち合わせた
新婦Junkoさん。
柔らかい雰囲気を持ちつつも、
とてもしっかりしていて、
いつも想いをまっすぐ伝えてくれました。

きっと、当日はずっと泣いているんじゃ無いかな?
と想像していたけれど、期待を裏切って(笑)
終始本当に楽しそうに大きな口を開けて、
笑っていた姿がとってもとっても嬉しかったです。

いつも穏やかで、口数は多く無いけれど、
優しくて、笑った顔がとても可愛い新郎Wataruさん。
(可愛いとか言っている時点で、もう叔母の気分^^笑)

会うたびに、なんだか生きる力を感じ、
こんな人と結婚できるJunkoさんは幸せだな〜と、
いつも感じていたことは後日談。

それを伝えた時、
嬉しい〜と言ってまたポロリと
泣いていたJunkoさんが可愛くて、
その隣でエヘヘと笑ってくれたWataruさんも
やっぱり可愛くて、そのふたりの顔が
目に焼き付いています。

前日からいっぱい準備を手伝ってくれた皆さん。
このご友人たちのおかげで、私も心強く、
たくさん助けてもらいました。
また会いたい、素敵な人たち♡


四国・香川県から、
83歳になられる新郎Wataruさんの
おばあ様もご出席してくれていました。
前日、パーティー中と
何度かお話をする時間がありました。
そして、お帰りになる際にこう仰いました。

「もうね、胸がギューってなりました。
こんなに幸せな日はないわぁ。
いい土産ができました(笑)」と。

私の手を取って、そう話してくださった時、
私の方が涙が堪えきれなくなりそうでした。

パーティー中、
「楽しい!楽しい!菅田さん楽しいです!」
と、何度も言ってくれたJunkoさん。
何よりも幸せな言葉を沢山くれました。

お父様の謝辞で涙を流したWataruさん。

その時、ふたりが思い描いていた
結婚式が叶えられたんだなと
心から感じられて、
私も本当に嬉しかったです。

– no you no life –

ふたりの大好きな音楽の
‘ no music no life ‘

そしてふたりが一番大切にしている、「人」。
ここに集まってくれるゲスト皆さまへ、
人との繋がりへの想いを込めてつけられた
ふたりの結婚式のテーマ。

音楽を通じて出会ったふたり。
音楽っていいなと心から思える瞬間が、
この日、ここにありました。

人と人とが一緒になるということ、
夫婦になるということ。
この広い世界で出逢い、
お互いが生涯のパートナーに選ぶ
ということは奇跡に近いことだと思います。

けれど、奇跡ではなく、
きっと運命なんだろうと、
強く感じさせてもらった日。

楽しく賑やかな夜の宴は、
ずっとずっと続いて欲しいと、
心地よい歌声を聴きながら、
幸せな時間を過ごしたそんな
秋の一日。

伝えたいことは山ほどあって、
きっとこれから何度会っても、
何時間でも、あの日のお話しで
盛り上がれるだろうと想像する日々です。

結婚生活、きっとこれから先、
楽しいことも大変なことも、
もっともっと色々あるだろうけれど、
ふたりなら必ず乗り越えられる。
そう、心から思います。

そして、いつまでも仲良く
幸せでいて欲しいと心から願っています。

Congratulations !

後日、
「菅田さんがいなかったら、
もうとっくに空中分解していた。笑」
と話してくれたふたり。

またいつでも、間に入ります^^笑

IDEA FEVES
菅田 貴子

Special thanks
Photo by   Mr.Yuma Hashimoto



 

明けましておめでとうございます。

Posted on 2019/01/08 by ideafeves

遅ればせながら、
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年はとても沢山の素敵な出会いと、
数々の素晴らしい結婚式に
携わらせていただきました。

また今年も、
どんな素敵な結婚式が待っているのかと、
今からワクワク心踊る気持ちでいっぱいです。

また、IDEA FEVESも今年9年目を迎えます。
気づけばあっという間に月日が経ち、
これまで出会った沢山の方々のおかげで、
今を迎えることができていることを、
心から感謝しています。

今年は元号も変わる特別な年になります。

今年ご結婚式を控えている方にとっては、
特に特別な1年になることと思いますが、
思えば、私にとっては毎年、毎月、
その「特別」を味あわせて頂けていることを、
本当に幸せに感じます。

今年はこれまで携わらせていただいた、
ご新郎ご新婦の皆様にもお会いできたらいいなと、
個人的な楽しみを抱きつつ・・

皆様にとって、
素晴らしい1年を過ごされることを、
心からお祈りいたしております。

2019年1月
IDEA FEVES  菅田貴子

 

1 / 10312345...102030...最後 »

CALENDAR

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

CATEGORY

ARCHIVE